ウソは厳禁!お子さんの歯科受診で注意したいこととは

みなさんの中には、歯科医院が苦手な人もいるでしょう。
また、苦手意識が強いあまり、虫歯が進行したりして、治療が困難になった人もいるかもしれません。
大変悲しい話ですが、一度悪くなった歯が元に戻ることはないのです。
もちろん、歯の状態に合わせた適切な治療を行なうことで、不便さの軽減にはなります。
それでも、自分の歯で食事を楽しめる日は戻ってきませんよね。
そうならないためには、歯科医院と仲良くすることが大切です。
予防歯科の存在が大きいのも、そういった理由があるのではないでしょうか。
歯科医院に慣れるためには、日頃から歯科医院と親しくなることがポイント。
子どもの歯が虫歯になってから駆け込むのではなく、歯磨き指導などのために歯科医院を受診することをおすすめします。
その場合、子どもへの接し方が大きな鍵を握ります。
ウソを言って歯科医院へ連れていくのは厳禁!
自宅を出るときは、歯科医院へ行くことをしっかり伝えましょう。
また、治療が始まったら、どっしり構えて見守ることが大切です。
保護者に不安な気持ちがあると、子どもにストレートに伝わることを知っておきましょう。