数学は他の教科に比べ、得意か不得意かにハッキリと分かれる教科で、小学校の時点で得意不得意を感じる方が多いと思います。社会などと言った暗記が多い教科とは異なり、数学は自分でかんがえて、勉強して覚えたことを次に学習することにつなげていく積み重ねのある教科で、基本をしっかりと勉強して理解しなければ次に進めありません。ですから、新しく覚えたことはくり返しまなんで理解し、あなたの中で消化していかないと、単元が進むにつれてますます追いついていけなくなります。しかし、自分で問題を解くことに面白さを感じてしまえば、これほど強いものはなく、自ずと得意教科とされています。簡単な計算式や問題からスタートして、自分で考えて答えを導き出せる面白さが分かれば、自信にもつながります。数学という教科は、計算や図形問題、証明など、色んな分野があるみたいです。そのなかでも不得意な分野は、あるていど教科書(学問を学ぶために使う教材のことですね)や参考書(同じことを説明していても、出版社や著者によって、まるでわかりやすさが違うこともよくあるものです)で分かるようにし、得意分野は応用問題でも対応できるようにさらに力をつけていきてください。また、試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)でよく失敗してしまったりするのが、計算ミスです。計算ミスが多ければ多いほど不正解が増えて、せっかく理解して解いたものが台無しになってしまうでしょう。計算ミスをすると、たまたま今回は計算ミスしてしまっただけだと軽く考えがちです。でも、実は、この計算ミスは手軽には直らず、計算ミスに注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しながらコツコツ勉強していかないとなくせないのです。数学は間違ったら、その間違いをどんな風にして正していくか、自分が計算したメモ書きを確認しながら理解を深めると共に、場合によると基礎から見修正して行くの繰り返しの作業だと言えますねー